無料ブログはココログ

カテゴリー「11 立体アイロンビーズの作り方(How to make The 3Dbeads)」の記事

自分でも作ってみたい方はどうぞ。まだ進行形ですが・・・。

2017年9月29日 (金)

立体アイロンビーズの作り方 大き目キャラクターの場合

2017_0928_232258p1150490大きめに作るとそれなりの存在感が出せる上に細かいところまで表現できるようになりますが・・・大きくなってスペースが出来る分、作り込まないとのっぺらな単調な感じになってしまいます。手抜きや省略が難しいので、当然手間や技術が求められてしまいます。

2017_0928_232402p1150492

画像1,2)やらなくてもいいとは思いますが、画像のように曲面のところも再現したいところです。パーツを重ねて表現します。結構難しいし頭を悩ますところ・・・。

2017_0928_232501p1150493

画像3)大きいとこんがらがってしまうので、なるべく部位ごとに分割して作るのもありです。こうすればその部位ごとに作り込めるので楽な上に失敗のリスクも減らせます。その代り接合部分はどうするのか?全体のバランスはどうするか?考えておかないといけません。

あんまり参考にはならないかもしれません。とにかく挑戦して経験していくのみでしょうか。

読んでくれた方、ありがとうございます。

2017年9月25日 (月)

立体アイロンビーズの作り方 小さ目キャラクター編

2017_0925_225151p1150314
今回は小さ目の可愛いキャラクターの作り方です。

画像1)どの位の大きさで作るかが結構大事なことだと思います。大きくなれば技術も手間も要求されるからです。収拾がつくちょうど良い大きさを選びたいところ。まぁ、今回は小さ目なので一番左のピカチュウでいきます。

2017_0925_225222p1150315

画像2)まず、いつものようにプレートにビーズを並べて平面のカタチを作ります。(これをここでは原型と呼びます。)正面と横の原型を作りますが、これはピカチュウの重要な情報を表現しているのが正面と横だからです。当然、対象によってどこがどの方向が大事だかは変わります。これを立体化していきます。ついでにいうと画像のように高さを合わせておいた方がやり易いです。

2017_0925_225945p1150317画像3)あーでもない、こーでもないとやっていると、こんな感じになりますが、さてさて足をどうするか?

2017_0925_230005p1150318画像4、5)可愛いキャラは大体足が短いので、こんな感じになるようにしたいと思います。なんか適当な感じもしますが、実際これで十分です。

2017_0925_230023p1150319

2017_0925_230215p1150320

画像6)全部出来上がったのでアイロン掛けして組み立てていきます。

2017_0925_230555p1150321

画像7)実は一部ミスしていますが、気にしないでいきます。

2017_0925_230848p1150322

画像8)出来上がりです。作って試してみたい方はピカチュウver2の方を参考にしてください。

読んでくれた方、お疲れ様でした・・・。

2017年8月26日 (土)

アイロンがけ動画を急いで載せてみました!

2017_0826_230944p1130853
アイロンビーズの一番の難関がアイロン掛けだと僕は思っています。なので以前からやりたかったことですが、知人にお願いしてアイロンをかけている動画をユーチューブに載せてもらいました。まだ出来ていなければすいません・・・。

タイトルは「(博麗のゆっくり)ゆっくりビーズをアイロンかけてみた

投稿者は博麗のゆっくりさんです。

上手く行かない方は是非参考にしてみてください。

因みにゆっくり動画とは東方プロジェクトのキャラクターのおまんじゅうみたいなのを使った動画の総称のようです。画像のは勉強をかねて作ってみたものです。

)動画はいつもの癖で、アイロンを最大加熱してしまっているので、仕上がるのが早いです。普通に中温でやった方が当然安全だと思います( ̄Д ̄;;

)良ければ博麗のゆっくりさんの他の動画も宜しくお願いします。それと投稿者の名前が3か月先位に変わる予定になっています。

2017年4月30日 (日)

立体アイロンビーズの作り方 アイロンがけ編

2017_0430_192610p1110711正直アイロン掛けの出来栄えで、作品の良しあしが左右されてしまうと僕は思います。アイロン掛けを自由自在に行えれば、かなり色々な作品、構造に挑戦できると言えるでしょう。そうなると、とても楽しくなります。

以前にも書きましたが、特に大事なのが耐熱紙。なるべく透明なものの方がアイロン掛けしやすいです。なので、既製品より、スーパーで売っているクッキングペーパーの方が使いやすいです。それもでもなるべく透明な物のほうがいいでしょう。

透明なものは滑り易い、てかり易いという欠点もありますが、とにかくビーズの溶け具合を簡単に確認できます。とくに透明、蛍光のような分かりにくいビーズにたいして大変有効です。

あとはひたすら数をこなしてコツをつかんでいくことが大事です。僕は大きく滑らせたり小刻みに動かしたりしてアイロン掛けしています。そうすると溶け具合を目で確認しながら、素早くアイロンがけできます。今まで僕は恐らく1万回以上はやっているかもしれません(ノд・。)子どもの分が大変・・・。

立体アイロンビーズの作り方 資料編

2017_0430_192428p1110710立体を作るに当たって重要なものが資料・・・だと思います。対象の形や構造を理解するのに役立つだけではなく、やる気が盛り上がってきたりもします。・・・つまり愛が深まるということでしょうか?

冊子とかじゃなくてもネットでも簡単に資料がてに入るのでむしろそっちの方が楽でしょうか。

重要なのは、特徴を把握していくことでしょう。どうせ、すべて表現できるわけではないので、対象の情報を取捨選択していく・・・そのあたりも大事です。

立体アイロンビーズの作り方 リカバリー編

2017_0430_192937p1110712
立体アイロンビーズの嫌な(?)ところは一か所でも失敗をすると完成しないところでしょうか。なので失敗したところを直せると随分楽出来たりします。

出っ張った不要な所はアートナイフで切ってしまえばよいのですが、足りない場合はどうするか?

2017_0430_193000p1110713

足りないところは足せばよいのですが、これが結構難しい・・・。

一応僕がやっているやり方では・・・

2017_0430_193048p1110715

画像2、3)のように足りない分のビーズを用意して、片面だけ軽くアイロン掛けします。

2017_0430_193122p1110717

画像4)アイロン掛けした方を表にして、つなげたいパーツと一緒にプレートに載せてアイロン掛けします。

2017_0430_193211p1110718

画像5,6)こんな感じに仕上がります。結構綺麗に仕上がるのが良いところでしょうか。

2017_0430_193217p1110719この方法は穴がある程度空いているパーツのみにしか使えません。

なので、穴がなくなってしまったパーツは、指で押さえて繋げるか、諦めて作り直すかになると思います。

失敗しないように慎重に並べていくことが一番ですね・・・。

立体アイロンビーズの作り方 基礎技術 四角パーツと六角パーツの重ね方

2017_0430_191614p1110706
今回は四角形と六角形のパーツを重ねる方法を紹介します。

2017_0430_191629p1110707

六角形は向きが2つあるので、重ね方も2種類あります。

2017_0430_191724p1110708

画像1,2)の場合は六角パーツが縦の流れの場合です。これは分かり易いですが、見た通りあんまり使う意味が無かったりもします。見た目が四角とそんなに変わらないので・・・。

2017_0430_191740p1110709

画像3,4)の場合は六角パーツが横の流れの場合です。これは結構使えますが、大きさが決まってしまいます。

どういうことかと申しますと・・・画像3から四角パーツ幅8(間6個)でちょうど同じ長さになります。

ですので、6の倍数の間でしか重ねられません。少しずれはありますが4つでもできなくはないのですが・・・。とにかく大きさに制限があるということです。場面に応じて使っていきます。2017_0501_222915p1110755

補足(画像5~7)横の向きの六角パーツは幅1でも重ねられます。僕はこれを一番多用しています。でも幅2は出来ません・・・。

2017_0501_222957p1110756

2017_0501_223010p1110757

立体アイロンビーズの作り方 六角プレート重ねる方法 実践 鏡餅

2017_0430_184047p1110690
今回は六角パーツを重ねて鏡餅を作っていきたいと思います。

鏡餅は階段状の構造になっていますので、各段のパーツを作っていきます。

2017_0430_184354p1110691

(画像2)一段目、二段目、三段目、ミカン段 目と作ります。このあたりで、モヤモヤと頭のなかで構造を考えていきます。

2017_0430_184929p1110692

画像3)各段二枚ずつにします。ちょっと理解しにくいですが、側面パーツとの兼ね合い等でこんな形になります。

2017_0430_185549p1110693

画像4)これが側面パーツです。ミカンは高さ3つ、もちの高さは各段2つずつにしています。

2017_0430_185605p1110694

画像5)アイロン掛けしていきます。

2017_0430_190116p1110695

2017_0430_190310p1110698

画像6~12)組み立てていきます。

2017_0430_190328p1110699

2017_0430_190458p1110701

2017_0430_190609p1110703

2017_0430_190652p1110704

2017_0430_190720p1110705

画像12)完成ですが、ちょっと分かりにくかったかと思います。自分の頭の中の思考をお伝えするのは簡単ではないと・・・強く感じますね( ̄Д ̄;;

立体アイロンビーズの作り方 基礎技術 六角プレート重ねる方法

2017_0430_183430p1110685
微妙な表現をするなら、パーツを重ねていくのが一番。四角パーツだけでなく、六角パーツでも重ねていくことができます。ただ何気に制約が多いので、何にでも使えるわけでもないのが欠点でしょうか?

2017_0430_183746p1110686

(画像2~4)重ねて側面パーツをつけていきます。

2017_0430_183836p1110687

2017_0430_183914p1110689画像4)完成するとこんな感じになります。

画像5~7)これは出来ない方法。

2017_0501_224641p1110759

内側に縦パーツを取りつけて重ねる・・・理屈では上手くいくはずですが・・・。

2017_0501_224710p1110760

画像7)実際にはちゃんとくっついてくれません。四角パーツ同士なら問題なく出来ますが、六角パーツだと上手く行かないようですね。

2017_0501_224759p1110761

立体アイロンビーズの作り方 基礎技術 六角プレート 取り付け/貫通

2017_0430_182559p1110678正直、六角パーツの穴に棒パーツをを通すのは簡単ではありません・・・。絶対やらなければいけない、というものでもないので、使わないのもアリですね。

2017_0430_182825p1110679

2017_0430_182842p1110680

(画像2,3)小さい穴に通す方法。アイロンのかけ方が重要で、緑の輪のパーツはあんまりかけない。棒パーツは多めにアイロンをかけるのがコツ。見栄えが良いのですが・・・誰にでも簡単にできる方法ではありません。

なので僕はやっていません。紹介しにくいので・・・

2017_0430_182854p1110681

(画像4,5)大き目の穴に通す方法。棒パーツは薄目にしあげます。確実に上手くいきますが、穴が大きい分、パーツがずれやす、抜けやすいという欠点があります。

2017_0430_182907p1110682

2017_0430_182916p1110683

2017_0430_182929p1110684

(画像6,7)これも簡単にいく方法。強度も悪くないのですが、穴が大きすぎて見栄えが良くありません。見せ方に工夫が必要ですね。

場面に応じて使い分けていきます。

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

カテゴリー