無料ブログはココログ

« アイロンビーズ 鏡餅 | トップページ | 立体アイロンビーズの作り方 リカバリー編 »

2017年4月30日 (日)

立体アイロンビーズの作り方 基礎技術 四角パーツと六角パーツの重ね方

2017_0430_191614p1110706
今回は四角形と六角形のパーツを重ねる方法を紹介します。

2017_0430_191629p1110707

六角形は向きが2つあるので、重ね方も2種類あります。

2017_0430_191724p1110708

画像1,2)の場合は六角パーツが縦の流れの場合です。これは分かり易いですが、見た通りあんまり使う意味が無かったりもします。見た目が四角とそんなに変わらないので・・・。

2017_0430_191740p1110709

画像3,4)の場合は六角パーツが横の流れの場合です。これは結構使えますが、大きさが決まってしまいます。

どういうことかと申しますと・・・画像3から四角パーツ幅8(間6個)でちょうど同じ長さになります。

ですので、6の倍数の間でしか重ねられません。少しずれはありますが4つでもできなくはないのですが・・・。とにかく大きさに制限があるということです。場面に応じて使っていきます。2017_0501_222915p1110755

補足(画像5~7)横の向きの六角パーツは幅1でも重ねられます。僕はこれを一番多用しています。でも幅2は出来ません・・・。

2017_0501_222957p1110756

2017_0501_223010p1110757

« アイロンビーズ 鏡餅 | トップページ | 立体アイロンビーズの作り方 リカバリー編 »

11 立体アイロンビーズの作り方(How to make The 3Dbeads)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/571213/65218652

この記事へのトラックバック一覧です: 立体アイロンビーズの作り方 基礎技術 四角パーツと六角パーツの重ね方:

« アイロンビーズ 鏡餅 | トップページ | 立体アイロンビーズの作り方 リカバリー編 »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

カテゴリー