無料ブログはココログ

« アイロンビーズ ジャングルジム | トップページ | アイロンビーズ 動物 ワニver2 »

2016年1月 5日 (火)

私見 アイロンビーズのアイロン掛けについて

Imgp4676

以前、アップしていたものを改めて載せます。アイロン掛けに苦労している方も多いようなので・・・。幾つかの僕なりのポイントを書いてみます。

プレート)

なるべくプレートの一番端にビーズは乗せない。取れていつの間にか落ちやすいので。

ビーズの間隔は広すぎなようにする。アイロン掛けの途中、アイロンの端が引っ掛かりやすいので。

耐熱紙)

かけ過ぎになり過ぎないように透明なものの方が良い。特に透明、金色、蛍光は加熱具合が分かりにくい。セブンイレブンのクッキングシートは透明感が既成品より遥かに優れています。とても透明なので状態を簡単に確認できます。かけ過ぎてしまうことが多い方にお勧めです。ただし、透明な分表面がツルツルなので、滑って取れやすい、熱の伝導が既成品より気持ち速い、仕上がりが光沢気味になります。何でも慣れですかね。ぜひお試しを。

アイロン掛け)

アイロンは必ず最高温度にしてから使用します。ビーズの溶ける具合も良いうえに、アイロン掛けの感覚がいつも同じになります。また、アイロンによって違い、個性もあります。あんまり凸凹が多いアイロンはビーズに引っ掛かりやすいので気を付けましょう。
アイロンは大きく素早く小刻みに動かします。あまり動かさない場合、加熱しすぎになり易いです。ある程度大きく動かすことで、ビーズがよく見えて、状態が把握し易いですね。
ビーズが少ない細く並んでいるものより、ビーズがたくさんの方が加熱に少し時間がかかります。形により上手く調整が必要です。端の方が加熱されやすいので溶けやすです。真ん中の方が時間がかかります。
プレートの種類でアイロン掛けの時間が少し違います。四角を標準とするなら、六角は密度がある分少し時間がかかります。円は密度があまりないので加熱が早いですが、密度がないところは、しっかり溶かさないと隣のビーズとビーズがくっつかない場合も・・・。並べた形によって変わりますね。
裏側もアイロン掛けする場合、裏側は表側からの熱が伝わっているせいか、アイロンがけの時間が短くなります。
それと無理に短時間に一回で仕上げようとしないこと、何度も軽く撫でて加熱し過ぎないように心掛けます。

冷却)

冷めるまで、上に重し(本とか)を乗せます。早すぎると熱で歪みが出ますので・・・。大きいものほど歪みも大きいです。わざと歪ませたい場合は別な方法で。

Imgp4677_2こんな感じです、以上。他に御要望があれば、どうぞ。

« アイロンビーズ ジャングルジム | トップページ | アイロンビーズ 動物 ワニver2 »

12 日々色々是々(?)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/571213/63011012

この記事へのトラックバック一覧です: 私見 アイロンビーズのアイロン掛けについて:

« アイロンビーズ ジャングルジム | トップページ | アイロンビーズ 動物 ワニver2 »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

カテゴリー